み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.02.27 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら

■ 感情をコントロールする

前回は、気持ちや感情について知るプログラムをご紹介しました。

今回は、「感情をコントロールする」プログラムの一つをご紹介します。

■ 「怒り」とその対処についてみんなで考えてみる

子どもたちに、「嫌なことがあったとき、みんはどうしてるかな?」と聞いてみました。
「親や先生に言う」「直接言ってしまう・・・」「その場を離れる」などいろんな意見が出ました。

また子どもたちから「イライラしてしまったからその場を離れようとしたけど、何回も言われて、離れられなくて。それでまたイライラして、、、そんなときはどうしたらいい?」という質問も出ました。

子どもたちと、イライラしたときの対処法を考えてみました。

◆ 姿勢
怒っているときは、前かがみになっているかも!ということで、少し胸を開いてリラックス姿勢を取ってみました。
「お~なんだかイライラしにくそう!」との声が出ました!

◆ 時間
イライラのピークは「6~13秒」と言われています。
13秒数える、深呼吸することで、その間で気持ちが落ちついて、自分の意見を伝えることができるようになることを伝えました。
一度落ち着くことで、トラブルを回避できることもあると思います。

◆ 距離
子どもたちから「相手から距離をとれば、一度落ち着けるかも」という意見も出ました。

「今日はやっぱり言い返してしまった、でも『13秒』数えようって思い出したよ!」など、
何度も練習を重ねること、できたところをみつけることが大切です。

■ 手段を知り、振り返る習慣を

気持ちや感情をコントロールすることは難しいです。
み・らいずスクールでは、今週はどんな一週間だったか、いいことや困ったこといろんなことを振り返る時間も大切にしています。
落ち着くための手段を知り、振り返る習慣がつくことで、
気持ちをコントロールするためのよい行動を思い出す力がだんだんと身についてきます。

すぐに身に着く力ではないので、学齢期の間から取り組んでいき、ゆっくりと学び獲得していってもらいたいです。
また、小集団クラスという良さを活かしながら、子どもたちとプログラムを進めていきたいと思います。

お問い合せはこちら

◆◆◆◆

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

1 2 3 4 5 324
採用情報 ページの先頭までスクロール