み・らいず2

学生ブログ

みなさん、こんにちは!
発達障害・不登校など学びづらさを抱えるお子さまのための塾「ラーンメイト」の学生講師によるブログの更新です!

「何か新しいことに挑戦したい!」と思っている大学生に向けて、

3月に大学・ラーンメイト講師を卒業した社会人1年目がリレー形式でブログを書いていきます!

よろしくお願いします!


 

☆自己紹介☆

名前(あだ名):ジョー

大学:龍谷大学 社会学部 現代福祉学科

☆講師歴☆

4年生の春から約1年間です。小学生の男の子を1人担当していました。

☆活動を始めたきっかけ☆

み・らいず2のガイドヘルパーとして活動していました。

スタッフさんから声をかけて頂いてラーンメイトの活動に参加しました。

 

☆どんな授業をしていたか・大事にしていた事☆

最初の頃は、机に座って勉強の習慣を付けることを生徒の目標にしていました。

 

まずは勉強が『楽しい』と感じてもらえるように、

そして『できる』ということを実感してもらい『自信』を持ってもらえるように取り組みました。

 

例えば、生徒が興味を持っているパソコンを授業に取り入れてみたり、

プリント1枚を終えるごとに「がんばったな!」とハイタッチをしてみたりしていました。

 

少しずつ授業の形を変えながら取り組んでいますが、

パソコンは本人の希望で毎回欠かさず取り組み、

ハイタッチも本人から求めてくるようになりました。

 

僕自身は勉強が凄く苦手だったので、

できる限り生徒には楽しんでもらいながら学べるように意識していました。

 

☆活動して良かったこと☆

やっぱり、1番は生徒の成長を感じられたことです。

最初の頃はあまり椅子に座っていられなかったのですが、

今では休憩を取らずに90分間勉強ができるようになりました。

最初の頃には想像がつかなかったくらい、できることが沢山増えました。

 

生徒との関係が築けたことも、活動していて良かったことです。

講師と生徒という関係ですが、『友だちのような、

ちょっと歳の離れたお兄ちゃんのような関係』を築けることができたのではないかなと感じています!

 

☆活動しての変化☆

僕はガイドヘルパーとして活動していたので、

ヘルパーとラーンメイトの役割の違いに最初は戸惑いを感じていました。

 

特に「相手にどうしたら分かってもらえるのか」、

「どういう言い方をすれば伝わりやすいのか」ということに悩みました。

 

僕は、あまり具体的な言語化をせずに「こんな感じ!」や

「だいたいで!」という風に伝える癖がありました。

 

しかし、講師になれば今までのままだと相手には伝わりません。

相手にどうしたら分かってもらえるのか、

どういう言い回しだと伝わりやすいのかということを意識しながら生徒に教えるようになりました。

 

☆新しく始める学生へ一言☆

僕は学生時代、いろんなアルバイトをしていたのですが、

ラーンメイトのように目の前にいる人と深い関係を築けるアルバイトは他にないと思います。

 

だからこそ、色々と悩むことも多いですが、その分学びもたくさんあります。

 

そして、その頑張りは生徒との関係、生徒のご家族との関係を自然と良くしていき、

生徒からの何気ない言葉や態度、ご家族からの感謝の気持ちで、

なんとも言えない達成感というか、頑張ってきてよかったと思える日が絶対に来ます。

 

その気分を是非味わってみてください。

それを味わえばもうラーンメイトの虜だと思います(笑)

 

あと、悩んで苦しくなっても絶対にスタッフさんや仲間が助けてくれます。

 

だから、安心してチャレンジしてみてください!


ジョーありがとうございました!

次回のブログもお楽しみに~

 

☆ラーンメイト学生Twitter始めました☆

学生講師が日々のラーンメイトの様子を発信していきます!

是非一度覗いてみてくださいね!

https://twitter.com/learnmatevol?s=09

1 2 3 6
採用情報 ページの先頭までスクロール