み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.11.12 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら

こんにちは。堺市北区にあるみ・らいずスクール(児童発達支援・放課後等デイサービス)です。
先日、【高校生クラス(金曜日19:30~20:30)】で行った「初対面での会話」について考えるプログラムを実施しました。

■ 話題選び

みなさんは、初対面の人と話をするとき、どのような話題を選びますか?
いきなりプライベートにふみこんだことを聞かれて、困った経験はありませんか?
私たち大人は様々な人と出会う経験の中から、初対面でも話しやすい話題、当たり障りのない話題を、自然に選んでいるかと思います。

ではそのような経験がまだ少なかったり、行間を読んだりすることが難しい子どもたちはどうでしょうか。
話題によって、相手はどう感じるのか?人との関係性とそれぞれの感じ方の違いについて、みんなで考えてみました。

■ 話しやすい話題を考える

まず、高校生、スタッフ、年齢も性別もバラバラのメンバーで、「初対面の人との会話」というテーマで、
話しやすい話題や困る話題など、自分の考えをポストイットに書いて出し合いました。

「好きなことを聞けたらいいな。趣味が一緒だと盛り上がる。」
「相手の年齢が気になるから聞きたい。」「でも女性としては年齢を聞かれると戸惑うな。」
「出身地は話せると楽しい。でも今住んでいる場所を聞かれるとちょっと困るかな」
「いきなり彼氏、彼女はいるかとか聞かれたら嫌だな。仲良くなってからならいいけど。」
「天気や季節の話は当たり障りなくて使えるね」

それぞれが初対面の人と会った時を思い出し、自分自身が言われたら嫌なこと、相手の気持ちも想像しながら、様々な意見が飛び交いました。
ここでは、自分の感じ方とは違う人がいること、また新たな考え方があることを知ることができました。

■ 新たな考え方を知る

ワークを終えて、参加した子どもたちで感想を共有する時間を持ちました。
「そんな考えもあるんだと知った。」「自分の話ばかりではダメだと思った。」などの声が上がり、
自分と他者との考え方や価値観の違いに触れ、またそれを否定せずに受け入れることが出来ていました。

み・らいずスクールでは、相手の気持ちを考えること、様々な考え方を知ることで、良い人間関係を構築するためのスキルを学んでいます。
見学や体験は随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


無料体験お申し込み・お問い合わせはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール