み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.11.06 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


こんにちは。み・らいずスクール児童発達支援/放課後等デイサービスです。

児童発達支援では、先月の特別療育日にハロウィン遊びを行いました。
クラスをこえてグループを組んだので、初めましての子どもたちもいましたが、「貸して」と声かけしたり、順番を守ってゲームをしたり、一緒に楽しく過ごすことができました。

■ ハロウィン制作

野菜やスポンジでスタンプ遊びを楽しみました。
「なんの野菜かな?」という問いに、「ピーマン」「レンコン」と元気な声が返ってきました。みんな実物もよく分かっていました。

紙バックに自分の好きなスタンプを押していきます。
ほかの子どもが使っているときは、「次かしてね」と声かけし、「おばけスタンプがあるよ」など子どもたち同士で譲り合いができていました。

並べて押す子どもや、たくさん重ねて押す子どもなど、個性のあふれたバックが出来上がりました。

■ ゲーム遊び

わにわにパニック、ガチャガチャカプセルのくじ引きを楽しみました。
子どもたちで順番を決めて、自分の番以外は座ってお友達を応援しました。

隠れているわにが出てきたら、プラスチックのハンマーでタッチします。
わにに何回タッチできるか、みんなで上手に数えることができていました。

ガチャガチャカプセルもレバーを上手に回して、カプセルを出口に落としていました。
カプセルが固くて一人で開けられないときは、「手伝って」と伝えることができていました。中に入っている紙の番号を伝えて、お菓子と交換です。ほかの子どもは何をもらったのか、興味津々でした。

年長組はビンゴゲームに挑戦。
言われた動物に〇印をつけて、縦か横に3つ〇印並んだらビンゴです。

ルールが少し難しかったようですが、ヒントをもらいながらビンゴを楽しみました。

■ トリックオアトリートで記念撮影

「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらいました。
最初に練習したので、みんな上手に伝えることができていました。

最後は仮装をして記念撮影です。
持ってきてもらった仮想グッズで変身して、かわいい姿を見せてくれました。

■ 特別療育日の取り組み

特別療育日では、普段取り組んでいるプログラムを遊びの中で楽しく取り組むことを目指しています。

順番を待つことや、お友達に「かして」と伝えること、手と目の協応動作、感触遊びや、手先を使った遊びなど、いつもとは違うプログラムでトレーニングを行います。
子どもたちも嫌がることなく、楽しんで取り組んでくれています。

製作では、スタンプを使ったり絵具や筆を使ったり、普段できないことをすることや、いつもとは違うお友達と過ごすこともよい刺激になっていると思います。

今後も季節に合わせた特別療育日を設けていきたいと思っています。ぜひご参加ください。


無料体験申込フォームはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール