み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.10.02 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


先日、み・らいずスクール児童発達支援・放課後等デイサービス合同で、避難訓練を行いました。
火事を想定した訓練で、消防士さんに来ていただきました。

実際にスタッフが電話で通報して、消火する手順や避難動態の確認を消防士さんと一緒に行いました。

来所した時から子どもたちは緊張気味。

すぐに着席してスケジュールの確認や約束事について話を聞くことができていました。

就学前の子ども達は、本当に火事になると思ったのか、泣き出しそうな子もいました。
「本当に火事になったときに時にうまく逃げられるように練習をしようね」と伝えると安心して、避難訓練に参加できました。

■避難するときは「お・は・し・も・ち」

避難するときの合言葉「お・は・し・も・ち」は知っていますか?

・おさない    
押してこけないように

・はしらない   
歩いて、でも早足で

・しゃべらない  
大きな声で話をすると指示が聞こえない

・もどらない   
忘れ物をしても取りにいかない

・ちかづかない  
消火できたか見守らず大人に任せて逃げる

いざという時に行動できるよう子どもたちと一緒に確認しました。

■避難開始

「火事です!」というスタッフの声掛けで避難開始です。

いつもは使わない非常階段を使って、慌てず降りていきます。

1階まで降りたら、集合場所まで早足で進みます。先に降りた子どもたちも、みんな揃うまで静かに待つことができていました。

消防士さんからも、上手に避難できていたと褒めてもらいました。

消火器の使い方を練習するスタッフの様子ををみんなで見学。

うまくできると拍手が上がっていました。

子どもからは

「押したらこけるから危ないねん。」

「煙は毒だから吸わないように口を手でふさぐといいんですよね。」

などの発言がありました。みんな積極的に参加することができて、とても良い時間になりました。

最後に、消防車と一緒に記念撮影をしました。みんな大満足!

日々の備えが大

災害はいつ起こるかわかりません。日々の意識や避難経路の確認はとても大切です。

今回参加できなかった子どもたちにも確認してもらえるように、定期的に訓練をしていきたいと思っています。

ご家庭でも、何か起こった時の避難場所や約束事の確認をして、もしもの時に備えておきましょう。

10月も無料個別体験を行っています。お申込みフォームからのお申込み、お問い合せをお待ちしています。


無料体験お申し込み・お問い合わせはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール