み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.09.12 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


こんにちは、まだまだ残暑の厳しい時期ですね。

今回は、み・らいずスクール放課後等デイサービスで行った、高校生向けプログラム(水曜日19:30-20:30クラス)の一部を紹介をします。

■「身を守る」自分も相手も大切にするコミュニケーション

高校性になると、自分の所属するコミュニティも広がります。その中で、時には「理不尽だ」と感じる状況に遭遇する可能性も増えます。

「母に忘れ物をしたことを伝えると、最近の失敗や自分のだらしなさなど、関係ないことまで次々と責め立てられた。」
「部活の先輩にDVDを貸してほしいと強く迫られた。」
このような時、相手の感情を逆なでせず、自分の正当な主張を伝えて「身を守る」方法について、子どもたちと考えました。

まず、立場(考え・価値観)の違いを考えます。そして、自分の意見を言葉を選んで主張すること、自分では解決できないと思ったら、第3者に助けを求めることが大切です。
子どもたちは、「先輩はこう思ってたんじゃないか」「この場合先生につたえて…」など、ロールプレイやそれぞれ体験などを踏まえて、身を守る方法について話し合いました。

相手に一方的な要求をぶつけられたり、時には意見を伝えにくいことがあります。どんな状況でも、自分も相手も大切にしながら身を守る方法を持つことも、ソーシャルスキルのひとつです。
み・らいずスクール(児童発達支援・放課後等デイサービス)では、こうしたソーシャルスキルを、ロールプレイでの練習、経験からの振り返りを重ねて、生活の中で活用できるよう取り組んでいます。


み・らいずスクール(児童発達支援・放課後等デイサービス)では、体験・見学会を随時実施しております。お気軽にお気軽にお問合せくだい。

無料体験お申し込み・お問い合わせはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール