み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.08.10 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


堺市北区にある、み・らいずスクール放課後等デイサービスは、昨年度はたくさんの高校3年生を送り出しました。
卒業して数か月、それぞれの進路でどんなことをしているのか後輩も交えてお話してもらいました。

今回は三名の卒業生に、職業訓練校・就労移行支援・就職、の三つについてそれぞれの体験を話してもらいました。

テーマはサイコロの目で決めました。就職、進学先の雰囲気や大変なこと、楽しいこと、やりがい、就職、進学する前のイメージとのギャップはあったか、高校生の間にどんな準備をしていたかなどを話しました。

■職業訓練校
職業訓練校に進学された方は、職場の雰囲気を会社と学校の間くらいで、み・らいずスクールにも似た雰囲気かな~と言ってくれていました。

事前の準備では、通勤はスーツだから、ネクタイを結ぶ準備をした。事前説明会に参加したり、面接の前は、み・らいずスクールで行なっていたプログラム資料を見直してから面接に臨んだと教えてくれました。
そんな風に活用してくれていたのだな、と改めてスタッフも知ることができました。

やりがいの話では、始めはう~んと悩みながらも「紅白饅頭を入れる箱を作っているが、それが誰かに届くのがうれしい。それがやりがいかな~」と作業の先にいるお客さんのことも意識しながら取り組んでいるようでした。

■就職移行支援
就労移行支援事業に行っている方は、講座の雰囲気や作業でのチョコレートづくりのポイントなどを教えてくれました。立ち仕事が多いのは大変だったり、慣れない作業に苦戦しながらも先輩に教えてもらったり、自分の目標を職員と決めて、取り組んでいるようです。

高校生の間は電車に乗るのが苦手だったので、目的地に一人でいけるように練習したり、電車の時間が変わったときの対応も勉強した、と教えてくれました。

作業は初めてのことで失敗も多いけど、次は失敗せんとこ、と頑張ったり、先輩も年が近いので話しやすく、やさしいので質問もしやすい。これからも就職に向けて頑張りたい、と話してくれました。

■就職
就職した方は、高齢者施設の清掃の仕事についています。
ごみを集めるときはにおいもあって大変だということ、イメージしていた2倍くらい大変、と話されていました。大変なこともある中で、ジョブコーチの人もいて、職場の人と一緒に働く中で「頑張っているね」と声をかけてもらっているようでした。
やりがいについて聞かれると、ぽつぽつと、でも力強く、

「仲間と一緒に働くことが、やっていてよかった。今はそれがやりがい。」

と話しているのをきいて、社会の一員として、人の輪の中でしっかりと生活している様子が伝わってきて、本当によかったな、と感じました。

後輩たちはメモをしっかり取り、質問もしながら真剣に聞いており、これからの自分の進路を考える時間としてたくさん学んでくれたようです。
帰宅されたあと、保護者の方からも「想像以上の会だったようで、助かります」とのお声もいただき、第1回目として良いスタートが切れました。
これからも継続して、縦のつながり・横のつながりづくりをしていけたらと思います。

み・らいずスクールでは、高校生向け就労準備クラス(火曜日19:30~20:30)も開講しました。
見学や体験も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。


み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール