み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.05.08 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


み・らいずスクール放課後等デイサービスでは、学年に応じたプログラムを提供しています。

休校期間が長くなったことや、授業の開始が遅くなることによって、受験の時期や就労に向けての実習の時期がいつもとは異なることが考えられます。
高校生の保護者の皆様からは、「実習がまだ決まっていないので不安」というお声もいただいています。
緊急事態宣言を受けて、み・らいずスクールでもオンライン療育を実施しています。今日は、いま取り組んでいる高校生のオンライン療育プログラムを紹介します。

み・らいずスクールのソーシャルスキルトレーニングのプログラムを、オンラインだからこその良さを活かしてやってみよう!ということで、工夫を凝らして実践しています。

いつもは、子どもたちの目の前でロールプレイ(見本)を行いますが、画面越しだとわかりにくいことが考えられるので、今回はスタッフが事前に撮影した、「報告の仕方」の動画を見てもらい、どんなことに気をつけたらよいのか、ポイントを一緒に考えました。

目の前で見ることができるロールプレイは、声の大きさや距離などをより感じてもらえる利点がありました。今回、動画での見本でどこまで伝えられるかと気がかりな面もありましたが、実際は気になる場面を「何度も」「繰り返して」確認できることで、修正した方がよい行動を子どもたちも客観的に確認できたようです。

動画を止めて「ここが大切!」というポイントを説明することができるので、良い行動について明確に捉えるとができるようでした。その後、フレーズや距離、声の大きさなどの練習もスタッフと行いました。
事前にポイントを学習しておくことで、これから始まる実習などの実践場面にもスムーズに行動に移すことができます。

ご家庭からオンラインで参加するお子さま、教室で参加するお子さまとが、オンラインでつながりながら、ICT教材の使い方、マナーも含めて練習しています。距離は離れていても、いつもの仲間と一緒に学習できる時間を、子どもたちも楽しんでもらえたらと思います。

これから働いていく場面でもICTを使う機会は必ず増えていきます。今回の新型コロナウィルス感染拡大による影響で、仕事や業種も変化していく可能性があります。み・らいずスクールのプログラムも、必要なスキル獲得に合った内容に組み立てなおしています。

体験会も行っていますので、この機会にお試しください。

お問い合せはこちら

◆◆◆◆

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール