み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.04.30 up

ラーンメイトは、発達障がい・不登校など、学びづらさを抱えるお子さまのための個別学習塾です。
学習を通して「できる」という自信や「わかる」ことの喜びを感じてほしい。
そのような体験が子どもたちの自尊心を高め、生きる力と可能性を育みます。
個別学習と並行し、集団での宿泊体験や野外活動のイベントもおこなっております。


 

前回は、休校中の学習の進め方について、読書という視点から書かせてもらいました。
今日は、ラーンメイトでも取り組んでいる「読み書き」の視点から考えてみたいと思います。
先日、第4回読み書き支援教材研究交流会というZOOMでの研究会に参加しました。講師は、小池敏英先生(尚絅学院大学)でした。
ラーンメイトでも「読み書きアセスメント」のセミナーを行っていただいたり、教材の提供なども行ってくださっている先生です。
研究会の中で、漢字の書きが難しいことは、何から影響しているのかということが発表されており、印象に残っています。漢字を書くことに関しては漢字の部首を知っているか、漢字を読むことに関してはひらがなや漢字の意味の判断が関係しているとこのことでした。
ラーンメイトのお子さまからも、休校中の課題で漢字プリントがたくさんあるとお聞きしました。漢字を書いて覚えるということも大切ですが、そもそもその漢字を覚えて書くことができるようになるかということも考えなければ、繰り返し練習をしても効果がでないかもしれません。
休校中で学校の授業も進まないという機会に、漢字の部首についての知識を増やしてはどうでしょうか。
ご家庭の中で「部首」クイズをしてみたり、「漢字トランプ」を使って遊んでみたりと、楽しみながら取り組めるチャンスです。
去年度から、小池先生の協力のもと、ラーンメイトの通常授業の中に「読み書きアセスメント」を15分程度導入しはじめています。またモデル的に、尚絅学院大学の学生がラーンメイトの授業の中の15分程度、オンラインで行なってきました。15分の読み書き学習の中で、6文字程度の漢字を学んでいきます。
今回、新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言で、ラーンメイトもWEB授業を行なうこととなりました。モデル的に実施してきた読み書き学習も、拡大していけるのではないかと準備中です。
「読み書きアセスメント」や「読み書き学習」、ラーンメイトWEB授業に関心のある方、一度体験してみたいという方は、ラーンメイトまでお問い合わせください。(野田)

お問い合わせフォームはこちら

————————–

にしのみや教室
〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-3-12カミヤビル3階
阪急神戸線・今津線「西宮北口」駅徒歩2分

電話:0798-63-4442
メール:learnmate@me-rise.com
WEB:http://www.learnmate.me
担当:片岡

すみのえ教室
大阪府大阪市住之江区南加賀屋4丁目4-19
交通アクセス
地下鉄・ニュートラム「住之江公園駅」3番出口より徒歩6分

なかもず教室
大阪府堺市北区中百舌鳥町2-104 なかもず駅前ビル4F
南海電鉄・泉北高速鉄道「中百舌鳥駅」北出口
地下鉄「なかもず駅」8番出口より徒歩1分

たかつき教室
高槻市紺屋町3-1-212
グリーンプラザたかつき3号館2階
JR京都線「高槻駅」中央口より徒歩1分
阪急京都線「高槻市駅」6番出口より徒歩8分

電話 :050-5840-3117(すみのえ・なかもず・たかつき教室)
メール:learnmate@me-rise.com

ラーンメイトのホームページはこちら

担当:津田

採用情報 ページの先頭までスクロール