み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.04.10 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら

3月20日(金)にみ・らいずスクールでは、卒業進級イベントを行い、それぞれの成長や進路をお祝いしました。
小学校高学年~高校生クラスのイベントの様子をお伝えします。

■ アイスブレイク

普段からプログラムに入る前には、子どもたちの交流を図るためにアイスブレイク(ミニゲーム)の時間を作っています。

今回は、ジェスチャーゲームをしてチームごとに得点を競いました。
葉を使わず、身振り手振りで一生懸命伝え、一人で伝えることが難しそうなお題には助っ人をお願いしたりしながら、ジェスチャーゲームを楽しみました。

普段は緊張が高いお子さんも、「え~」と言いながらも参加をし、答えがわかると笑顔が見られました。

■ クイズ DE ビンゴ

次に、ビンゴ大会をしました。
ただのビンゴではありません。今までのプログラムを含めたクイズに答えて、正解するとビンゴの数字を選べるというゲームです。

Q.一人暮らしをした時に必要なお金はどれくらい?
Q.話しかけたいときに何て言う?

など、学校や社会で必要なことを学んだ質問もありました。
ほかにも、

Q.●●さん(スタッフ)の誕生日は?
Q.●●さんの好きな食べ物は?

などのスタッフやお友だちに関する質問も入れました。

人と関わるうえで、相手のことを知って、どんな人なのか特徴を覚えておくことも大切なことです。
相手の好きなものや興味のあることを知っていくことで、共通の話題が広がり仲間づくりにつながっていきます。

子どもたちも、なんだったかな~と思い出しながら、楽しんでゲームに取り組んでくれました。

■ 進級証書・卒業証書授与

毎年、子どもたちにお渡しする証書には、一年頑張ってきたことやできたことをメッセージとして記入しています。

『時間を意識して取り組むことができた』
『相手の気持ちを考えながら意見を出せるようになった』

子どもたちそれぞれの良いところを伝えながら、「おめでとう」と渡していきました。
また卒業生には、今まで頑張ってきたことと、これからの抱負を発表してもらいました。

「はじめは分からないこともたくさんあったけど、いろんなことを学んでわかるようになってきた」
「み・らいずスクールで学んだことを、次は就労移行支援で働く勉強を続けていきたい」
「大学生になるので、大学生活を楽しみたい」

今年はたくさんの高校3年生の卒業生を送り出しました。
4月からは、短大や大学に進学予定の子、就労移行支援や就労継続支援など福祉就労される子、就職をして仕事を始める子、いろんなお子さんがいます。
一人一人の顔を思い浮かべながらメッセージを記入していきますが、証書の最後は同じ言葉で締めくくられています。

”あなたのことを応援しています。”

新たな進路に、期待も不安もあると思います。
み・らいずスクールで学んだことや過ごした時間、仲間たちのことを心に、新たな環境に一歩踏み出してほしいな、と思います。

卒業・進級 おめでとう!

お問い合せはこちら

◆◆◆◆

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール