み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.04.07 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


こんにちは。児童発達支援み・らいずスクールです。
先日、進級・進学のお祝いイベントを行いました。

午前、午後に分かれて人数調整を行い、少人数での開催です。
子どもたちは制作やゲームをして楽しみました。

●チューリップとちょうちょ作り

三角にカットしている折り紙の2ヶ所を折ると、チューリップに変身。
とても簡単で沢山作ってくれました。

ちょうちょは、コーヒーフィルターを使ってサインペンの好きな色で模様をかいていきます。
その上に、水の付いた魔法の筆でちょんちょんとなぞるとあら不思議。
描いたところがにじんでぼやけてきれいな模様になりました。

作った物を模造紙に貼り付けていくと一気にお部屋が春の雰囲気に。
「これ僕の作ったちょうちょだよ!」と自信満々に教えてくれました。

折ったり描いたり、そっと筆を使ったりと手先を充分に使い、着席してじっくりと取り組むことができていました。

●ワニワニパニック・玉入れゲーム遊び

座ってじっくりと頑張ったあとは、ゲーム遊びです!
ワニワニパニックはゲームセンターにあるものの手動版です。
出てくるワニをハンマーでたたきます。
どこから出てくるか注目してタイミングよく手も動かすというビジョントレーニングや操作性のトレーニングを楽しい遊び感覚で行うことができました。

玉入れゲームは、対象物の穴をよく見て投げ入れます。
下から?上から?どっちの投げ方がやりやすいかな?と自分で考え調節しながら行ってもらいました。
ボールがコロコロ転がる面白い動きにも子供たちは喜んでいて、なかなか入らなくても何度も挑戦していました。

ゲームは一人ずつ行うので順番をきちんと待ち、待っているときも応援するというミッションがあります。
いつも行っている、次の人に「どうぞ」と言ってハンマーやボールの入ったかごを渡して「ありがとう」というやりとりも気持ちよく伝えることができていました。

最後の終わりの会では、4月からのことを発表しました。
「〇〇小学校へ行きます」「〇○ぐみになります」と自分の行く学校の名前や、進級するクラスをしっかり伝えることができていました。

一年間療育で発表したり、話を聞いたりして取り組んできた成果が表れていました。
進学や進級をみんなとても楽しみにしている様子でした。

4月からの新しい環境にも期待を持って頑張ってもらえるよう、サポートしていきたいと思います。

み・らいずスクール児童発達支援では、コロナウィルス対策として療育体験を個別にて実施しています


◆4月の個別体験【対象:2歳児~5歳児】

水曜日11:00~11:30:15日・22日
木曜日14:00~14:30:16日・23日・30日
土曜日15:00~15:30:11日・18日・25日​

お申し込みはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール