み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.03.25 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


年少(3歳児)さんになると身体面だけでなく、言葉も発達してくるので、ことばでのやり取りもかなりできるようになってきます。
大人とのやり取りだけでなく、子ども同士でも言葉でのやり取りが増えてきます。

今年度のみ・らいずスクールの年少(3歳児)さん子の様子を少しお伝えします。

はじめはなかなか気持ちを伝えられなかった子どもが、大きな声で返事をしたり、みんなの前でも発表できたりするようになりました。
また、他の子どもから嫌なことをされた時も、きちんと「イヤ」「やめて」と伝えることができるようになっています。

また違う子は、自分のやりたくないプログラムの時は、何も言わずに離席していましたが、最近は、「やらない」と教えてくれたり、「こっちでする」等自分で折り合いをつけ、伝えてくれるようになりました。
ことばがゆっくりな子どもも少人数クラスで、スタッフとの丁寧なやり取りを通して、ことばでのやり取りが増えていきます。

み・らいずスクールでは、ソーシャルスキルトレーニングの基礎となる、話を聞くこと、待つこと、「どうぞ」「ありがとう」などのやり取りをすることを特に力を入れて取り組んでいます。
「伝わって嬉しい」や、「人と一緒に遊ぶと楽しい」ことを体験し、次のソーシャルスキルトレーニングの取り組みができるようになります。
遊びや興味のある内容、楽しいと思える教材で、この時期の子どもたちに関わって、少しでも楽しい園生活を送れるようサポートできればと思います。

児童発達支援み・らいずスクールでは、子どもたちの「できた」を大切にしています。
まずは「やってみよう」と思えること、「できた」という体験をたくさん積むことで、少し難しい課題や、新しいことにチャレンジしようという気持ちが芽生えてきます。
そのため、年少さんの時期にたくさん「できた」の経験をしてもらえればと思います。
み・らいずスクールでは、少人数クラスで、あいさつや話を聞くこと、ルール守ることなどの社会性を学んでいきます。

子どもの発達面や園での様子など、心配なことがあれば一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール