み・らいず2

み・らいず2ブログ

2020.03.24 up

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら


もうすぐ4月。
いろんな感染症は気になるところですが、新生活に向けて期待や希望も膨らむ時期です。
4月から新しく幼稚園、保育園へ入園する子どもさんもいらっしゃると思います。

3歳からは、多くの子どもが集団生活を送り、その中でたくさんの刺激を受ける時期です。
世界が広がり、いろんなことに興味が出てきます。

この時期にたくさんの「できた!」を経験することで、「自分でする」ことや失敗してもまたチャレンジする力を育むことができます。

でも、初めての集団生活。
保護者も不安がたくさんあると思います。

幼稚園、保育園も最初は、短い時間の登園や慣らし保育の期間があります。

日常生活の不安、例えばトイレが自立していない、給食は残さず食べられるかなどは、幼稚園や保育園の先生たちが上手に対応してくれます。

トイレについては、時間を決めて誘導があり、先生も「出たらほめる」の関わり方をしてくれるので、自然と失敗も少なくなっていきます。
また、トイレの拒否がある子も、お友達と一緒ならトイレへいけた、ということもあります。

偏食や、食べるのが遅いことなどは、最近は無理強いせず、嫌いなものは「一口だけ」や「小さくして」など工夫して食べられるようにしてくれます。
給食も周りの子が食べていると嫌いなものを食べられるようになったりします。
お弁当の場合は、はじめは好きなものは多め、苦手なものの量は少なめなど、ご家庭で工夫するのもひとつです。

それぞれのお子さんのペースで、日常生活でも排泄、食事、着替えなどの基本的生活習慣を一人で取り組む部分が増えていくと思います。

子ども達は、一生懸命新しい環境に慣れようと頑張ります。
ご自宅では安心してゆっくりすごせるようにするのがいいかもしれませんね。

お問い合わせはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール