み・らいず2

み・らいず2ブログ

2019.07.17 up

と・らいずみーとの児童発達支援では、発達につまづきのあるお子さまや、発達障がいのお子さまが、地域の小学校にあがるための力・社会に出るときに必要になる社会性を身につけるプログラムを提供しています。
なかもず駅から徒歩1分のなかもず駅前ビルで行っています。

みーとのHPはこちら

と・らいずみーとなかもずスタッフの山中です。

児童発達支援や放課後等デイサービスで子どもたちと関わったり、保護者相談を担当させて頂いたりしています。
私自身も二人の子どもを育てており、日々子どもの成長と課題に奮闘中です。

さて、最近よく耳にする「レジリエンス」という言葉を知っていますか?
レジリエンスは回復力、弾力性、立ち直り力という風に訳され、ストレスに対する柔軟性ともいわれています。
私達が関わる発達障がいの子ども達を含め、すべての子どもに必要な力ではないかと注目されています。

レジリエンスを育むには、様々な考え方がありますが、と・らいずみーとでは3つの事を大切に考えて、療育を行っています。

①安定した土台
安定した生活リズムが大事です。
睡眠や食生活などが安定しているか?
家庭がエネルギー補給できる場所であるか?
周りの大人がポジティブな声掛けができているかが大切です。

②小さな成功体験を積み重ねる
成功しやすい目標をスモールステップで設定することが大切です。
そして、成功した結果だけではなく、そのプロセスや行動の変化に着目して褒めることが重要です。

③自分を信じる力
自分で決定したことに責任をもつからこそ、達成感が得られます。
結果はどうあれ、決断をするときに自分で選ぶということが重要です。

最初は「どっちがいい?」という二者択一でもかまいません。
自分が決定したことでよかったのだ、と思える経験を積むことで、自分を信じることができるようになります。
それにより、自分を信じてチャレンジしてみようという気持ちが育ちます。

次回はレジリエンスを育むためのと・らいずみーとの取り組みをお知らせします。

子ども一人ひとりの成長、個性はちがうもの。悩みごとや心配ごとも子どもの数だけ違ってきます。是非、子どものことはもちろん、保護者の心配事も含めご相談ください。
実際のプログラムの様子を見学・体験していただければと思います。

無料体験プログラムのお知らせ

7月の無料体験

日時:7月24日(水),8月5日(月)、9日(金)13:30~14:30
対象:3~4歳児(年少・年中)
日時:7月26日(金),8月1日(木)、9日(金)、22日(木)、24日(土) 15:30~16:30
対象:5~6歳児(年長)
1回5名程度

体験チラシはこちらからダウンロードください

※受給者証なしでも体験していただけます

申込締切:各開催日の4日前までにご連絡下さい

無料体験会のお申込みはこちら

お問い合せはこちら

と・らいず みーと なかもず(児童発達支援/堺市北区の未就学児向け療育)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル4階
TEL:050‐5840‐3110
Email:to-rise_meet@me-rise.com
[月・水]13:30‐20:00、[木・金]13:30‐20:10、[土]10:00‐11:30(定休日:火曜)

採用情報 ページの先頭までスクロール