み・らいず2

み・らいず2ブログ

発達障がい・不登校など学びづらさを抱える小学生・中学生・高校生のための個別学習塾ラーンメイト主任の津田です。

ラーンメイトのホームページはこちら

3月23日に、今年度最後の講師研修を行いました。

今回の研修では、ラーンメイトで講師として活躍していた4回生や大学院に進学した学生、昨年の卒業生にも来てもらい、3人から発表してもらいました。

3人とも、ラーンメイトを含めたみ・らいずの活動から感じたことを卒業論文のテーマとして研究、準備をしていました。
3つのテーマを話してもらったこともあり、内容盛りだくさんではありましたが、さまざまな視点から学びを得ることができた研修会となりました。

今回は、はじめに発表してもらった内容についてご紹介します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

発達障がい児に対する学習支援のあり方~現在の課題からみる今後の支援方針~

1人目は、4回生の学生から。学習支援について、学生自身がラーンメイトで授業をしているときに感じていた、5教科の学習だけが<学習支援>なのか?という問いから、支援者側へのインタビュー等をもとに卒業論文をまとめました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

発表の中では、学習支援の先にある「働く」についてのお話しもありました。

学ぶ先には、働くという段階になりますが、就職できたとしても現状では人間関係が理由で離職する場合も多くあります。
離職を減らしていくためには、勉強だけでなく、生活力・社会性を身につけるような学びももっと必要になる、と伝えてくれました。

また、周りの人が発達障がい等いろいろなしんどさを抱えた方々のことを理解することで、本人が学びやすい環境、働きやすい環境が作られるということ、特性を強みとして力を発揮できるというお話もありました。

そのためには、本人への支援だけでなく、私たちような支援者が地域に向けて発信していくことも大事なことだと再認識しました。

上記については、ブログや別の手段も含めて考えていければと思っています。

発表を聞いて、学生自身もラーンメイトでお子さまと一緒に学び成長してきたことにとても嬉しく思います。

発表をすることもですが、子どもたちのことを理解した学生が社会に出ていくことは、理解者が増えたということ、み・らいず2がビジョンとして掲げる『だれもが、自分らしく地域で暮らせる社会』に近づけたということだと感じ、本当に心強く思います。

年度をまたいでになりますが、研修会の続きは次回のブログで報告させていただきます!

ラーンメイトでは、面談や体験授業を随時受け付けております。

現在、入塾待ちの方もおられる状態です。19:30〜21:00のお時間は比較的早めに入塾が可能となりますが、19:00までのお時間でご希望の方は担当講師の決定に少しお時間がかかる場合があります。

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

【お問い合わせ】

電話 :050-5840-3117

メール:learnmate@me-rise.com

WEB :http://www.learnmate.me

担当 :津田


すみのえ教室
大阪府大阪市住之江区南加賀屋4丁目4-19
交通アクセス
地下鉄・ニュートラム「住之江公園駅」3番出口より徒歩6分

なかもず教室
大阪府堺市北区中百舌鳥町2-104 なかもず駅前ビル4F
交通アクセス
南海電鉄・泉北高速鉄道「中百舌鳥駅」北出口
地下鉄「なかもず駅」8番出口より徒歩1分

たかつき教室
高槻市紺屋町3-1-212
グリーンプラザたかつき3号館2階
交通アクセス
JR京都線「高槻駅」中央口より徒歩1分
阪急京都線「高槻市駅」6番出口より徒歩8分

採用情報 ページの先頭までスクロール