み・らいず2

み・らいず2ブログ

2018.10.18 up



放課後等デイサービスと・らいずみーとでは、将来を考える第一歩として、自分の職業観や職業選択を考えるプログラムを行っています。

みーとのHPはこちら

就職準備プログラム!お仕事インタビュー準備編

いよいよインタビュー実践!


そのプログラムの一環で、今日は実際にお仕事の現場にお伺いして、お店の方にインタビューをさせていただきました。

ご協力いただいたのは、大阪府堺市北区にあるカフェ「メゾン・ド・イリゼ」さん。メゾン・ド・イリゼさんは、堺市産業振興センター内にある、おしゃれなカフェです。本格的なフランス菓子が味わえ、厳選素材でヘルシーなランチがいただける他、障がい者やニートひきこもりの自立支援にも取り組まれています。

子ども達はこの日のために、カフェのお仕事について調べ、質問を考えたり、挨拶や話を聞く姿勢、メモの取り方、質問の練習などを行ってきました。



「お店のことが知れて良かった!」インタビューに挑戦


お店の方は、子どもたちを温かく迎えてくださり、子どもたちは緊張しながらも手を挙げて店員さんにインタビュー。

子どもたちが考えてきたインタビューの内容は、食材やスパイスの種類、仕事で大変なこと 居心地の良いお店作りの工夫、など多岐に渡りましたが、お店の方は子ども達の質問に一つ一つ丁寧に答えてくださり、終始和やかな雰囲気ですすみました。

店内には、温かみのある絵画や、様々な種類の本が置かれており、気に入った本があれば購入も可能だそうです。居心地の良いお店の空間作りの工夫も、見せていただくことができました。



インタビューを終え、振り返りの時間では、子どもたちから、

「カフェのことについてたくさん知れてよかった。」

「実際にやってみたい。」

という声も聞かれました。

実際のお店に行き、貴重なお話を伺うことができ、子ども達の良い経験になったと思います。

実践から見えてくる課題


それと同時に、子どもたちの課題も見えてきました。いつもと違う雰囲気で、お話よりも店内が気になってしまったり、集中力が続かなかったり。練習を積んできたものの、まだまだ、お仕事の場での姿勢やマナーの部分では課題が見えてきました。この部分はこれからの課題として、練習していきたいと思います。

どんな場面で、どのような姿勢をとることが良いのか?家では?学校では?実習先では?企業訪問では?


その時と場合に、自分の行動や態度を合わせること、切り替えることは、私たち大人は自然に身に着けていきます。

しかし、障がいや発達特性があり、周りの状況から読み取ることが難しかったり、このような経験を得られる機会自体が限られる子どもも多くいます。子ども達にとっては、このような一つ一つの経験を得ること、そして、そこで「できた!」という経験から自信がついたり、失敗したり、ではどうすれば良かったかを学んだり、 またその中でいろいろな魅力的な大人に出会ったり、刺激を受けたり。

そんな経験を積み重ねていくことで、 地域で、社会で、自分らしく生きていく力につながればと思います。

今回は、子ども達にとって、本当に貴重な機会をいただきました。お忙しい中、子ども達を温かく迎えてくださった、メゾン・ド・イリゼの皆さま、本当にありがとうございました。

堺市にある放課後等デイサービスと・らいずみーとでは、 知的障がいや発達障がい、その他発達特性から人間関係でつまづくことが多い子ども達の、 一人一人の成長を促す支援を行っています。 主にSST(ソーシャルスキルトレーニング)の手法を使って、社会の中で生きていくために必要なスキルを習得する練習を行っています。 随時見学、無料体験を行なっております。お問い合わせは 050-5840-3110 まで。

<<次回体験会日程>>


2018年10月20日(土)13:00-14:30

2018年11月14日(水)15:00-16:30

2018年11月17日(土)13:00-14:30

2018年12月5日 (水)15:00-16:30

2018年12月22日(土)13:00-14:30

体験会のお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

採用情報 ページの先頭までスクロール