み・らいず2

み・らいず2ブログ

こんにちは、ラーンメイト主任の津田です。発達障がい・不登校など学びづらさを抱える小学生・中学生・高校生のための個別学習塾を大阪市、堺市、高槻市で行っています。

ラーンメイトのお問い合わせはこちら

今回は夏休みに行った、宿題会、自由研究、夏期講習の報告をまとめました!今年は例年にも増して、イベントをたくさん行った夏休みとなりました!

たかつき宿題会(7月30日)



お互いのことを知りながら、目標にそってみんなで宿題に取り組んだあとは、貯まったポイント(お金)でご褒美のお菓子と交換!友達との関わりやポイント交換での買い物における計算力、普段とは少し違った子どもたちの嬉しそうな表情も見られました。

夏休み宿題会@たかつき報告ー学びづらさを抱えるお子様のための個別学習塾ラーンメイト



なかもず自由研究(8月2日)



関西大学のイベントへ参加する予定でしたが、猛暑のため、外へ出ることを断念して室内での自由研究に。


音階をつくる実験を行ったり、スライム作りの実験を行ったりしました。途中の休憩時間はそれぞれに大きなボールを持って遊んだり、みんなでそうめんを食べたり、かき氷のシロップを作って食べたりと、みんなで楽しみながら、自由研究に取り組みました!



音階づくりの実験は、苦戦しながらもなんとか完成。カエルの歌も演奏できました。


スライムづくりは、と・らいずみーと(放課後等デイサービス)担当の伊丹先生に教えてもらい、どのくらいの柔らかさがいいかな?と分量を調整しながら作ってみました!みんな最後まで集中して取り組むことができました!

夏期講習(8月3〜10日)



なかもず教室、たかつき教室で3日間ずつ行った夏期講習。小集団(3〜5人)の中で、わからないところは先生に質問しながら宿題をどんどん進めていきました。

普段は集中が切れてしまうとつい担当講師に話しかけてしまう子も、周りが頑張っている姿が見える中だったこともあり、もくもくと課題に取り組む姿勢が見られました。

普段は1対1で先生がついていることもあり、質問しやすかったり、先生から教えてくれるという環境がある分、「わからないところがわからない」、「聞くのが恥ずかしい」など、自分から聞くということがなかなか難しい様子も見られました。

「自分から聞く」力はこれから先、生活する上でも働く上でも必要な力になります。

普段の授業の中でも少し意識しながら進めていきたいと感じました。1日だけの子も、3日間連続で来てくれた子もいましたが、みんなよく頑張りました!!


ラーンメイトでは、学習面のサポートはもちろんですが、集団だからこそ身につけられる学びのプログラムも今後も提供していきたいと思っています。

次回は冬休み、何をしようかまた少しずつ企画していきますので、よろしくお願いいたします!

ラーンメイトのHPはこちら

採用情報 ページの先頭までスクロール