み・らいず2

遊ぶ事業部


遊びながら経験を積んで、人生を楽しく彩るために。

障がいのある方の余暇支援を行い、ふだんできないことや
新しいことにチャレンジする機会を提供するのが「遊ぶ」事業部の役割です。

たとえば、ふだん行き慣れた場所だけでなく自分が行きたいところへ出かけたり、
興味のあることに挑戦したり、遊びを通して人と関わる 機会を増やしたり。
いろんな人といろんなことに挑戦する中で、好きなことやしたいことを自身で選び、
人に気持ちを伝えて、相手を理解 することを、ガイドヘルパーが一緒に行います。
また、より多くの人と出会うきっかけをつくり、
さまざまな場所へ出かける中で地域とのつながりを生み出します。

「遊ぶ」事業部のガイドヘルパーは、約9割が学生です。
子どもたち1 人ひとりに合わせて楽しく遊ぶことができるのは、年齢の近い学生だからこそ。
子どもにとって、遊びは学び。子どもはもちろん、大人になっても一生続けられるのが遊びです。
自分1人ではやってみようと思わないことも、楽しくチャレンジすることで「できた!」に変わり、
行き先や遊び方、遊び相手を自分の意思で選べるようになる......
私たちは、これからの人生をだれもが自分で決めて進んでいける社会の実現をめざして います。

めざすこと


人との関わりを楽しみ、自分の
気持ちを伝えられるようになる。

だれかと一緒に、初めてのことに
挑戦する経験を重ねる。

自分の意思で選べるようになり、
人生の幅や可能性が広がる。

事業内容


ヘルプセンターと・らいず

社会参加・余暇のための移動を支援
ヘルプセンターと・らいず

対 象
障がいのある方で、外出の支援が必要な小学1年生以上の方
エリア
大阪市住之江区、堺市、高槻市
内 容
移動支援
詳しくはこちら 

お問い合わせ 

ページの先頭までスクロール