み・らいず2

学校プロジェクト

PROJECT


事業概要

学校プロジェクト

ISSUE


問題・テーマ

不登校/発達障害/ひきこもり/居場所/移行期支援/必要な支援の創造

STORY BACK GROUND


背景

ひきこもりやニート状態の若者を支援をする中で、働きたくても働けない個人要因、環境要因がそれぞれにあることがわかってきた。「働きたい」という気持ちよりも、不安が大きかったり、「働かなければならない」というプレッシャーが強く何をしていいのかわからずに動けなくなっている。
不安を少しでも和らげることができれば、次への一歩を踏み出せるのではないだろうか。
認めあえる場、支え合う仲間、チャレンジできそうなスモールステップがある「学校的な空間」をつくっていけたらと考えた。

ACTION


具体行動

働きたくても働けない若者が多くいる現状がある。その背景として、「人間関係への不安」「職場という環境への不安」「職種内容に対する不安」という3つの不安が大きいのではないかと仮説をたてた。また、その不安を払拭するために、10代後半から20代前半の働くまでの様々な経験が必要であるとして、日本全国の先進的なフリースクールや就職サポート機関などへの聞き取りを行った。
それをもとに2018年3月に、10代後半の若者を対象とした、アルバイトトライアルのプログラムを実施予定。

MEMBERS


担当者/関係者

吉澤省之/辰巳健/作田遥/松浦宏樹

PERIOD


期間

2017年度〜

NEXT


その後の展開

プログラムの効果検証及びブラッシュアップを行い、働くまでの「学校(予備校)」を開校していく。

採用情報 ページの先頭までスクロール