み・らいず2

研究ノート


[読み書きをアセスメント、支援するツール]

み・らいずを立ち上げたころから、子どもたちの「学び」に強く関心がありました。

どの子どもたちにもそれぞれの学び方があります。
適切な支援があれば、どの子どもたちも学ぶ喜びや楽しさを
体感できるのではないかという思いで、ラーンメイトを実施してきました。

病院に行って発達検査を受けるのはハードルが高いが得意不得意は知りたい。
発達検査を受けても日常生活でどう活かしていけばいいのかわからない。
そんな親御さんの声をお聞きしながら、
日常的な学習場面に活用できる良いアセスメントはないかと模索していました。

先日、東京学芸大学で発達障害学分野の研究をされておられる
小池敏英先生が研究されてきたお話をお伺いし、
読み書きのアセスメントをもとに、本人にあった学習課題に
取り組んでいくことをご助言いただきました。

研究所もラーンメイトと一緒に、本人にあった適切な「学び」の支援を
より強めていきたいと思います。(み・らいず実践研究所所長 野田 満由美)

ラーンメイトのホームページはこちら

1 2 3 7
採用情報 ページの先頭までスクロール