み・らいず2

み・らいず2ブログ

堺市北区にある放課後等デイサービス「と・らいずみーと なかもず」では、発達障がいや知的障がいのある小学生〜高校生に向けて人とのコミュニケーションや社会で必要なスキルなど、将来の地域での暮らしや働くことに向けての学びの支援を行っています。

今日は小学生のプログラムを2つ紹介します!



活動詳細・クラス分けはこちら

その1「自己紹介をしよう」

今回は新しい子どもがメンバーに加わったので、スタッフも一緒に自己紹介をしました。自分のプロフィールを書いて、それを順番に発表していきます。プロフィールには名前、生年月日の他に、今はまっていること、将来の夢、自分が好きな時間、という項目も。



「自分のプロフィールを書く」ということには、2つの意味があります。1つ目は自分のことを振り返ること。2つ目はそれを言葉でまとめること。

自分の好みや得意、キャラクターが分かる他、その子の言葉での表現力や、自分のことを自分でどれだけ理解しているか(自己覚知)が分かります。(中高生クラスでは、ここに長所、短所という項目を追加して行いました!)

自分の得意不得意が分かると、得意を生かしたり、苦手なところは「助けて」と言えたり、自分で対処方法を考えられるようになったり、生きていく力につながるので、とても大切です。

そして自分のことを相手に伝えること、相手のことを理解することで、今後お互いに話しやすくなります。またお互いに得意不得意を知っていれば、困った時に「手伝って。」と言いやすくなったり、逆に 「大丈夫?」と相手を気にかけたりできるきっかけにもなります。

一人が発表したら、みんなで拍手。みんなの前で発表するのはちょっと勇気がいるけど、拍手をもらえるとほっとしますね。

その2「お願いトランプ」

自己紹介の後は、「お願いトランプ」を行いました!ルールはババ抜きと同じですが、誰かを指名して、その人にほしいカードをおねだりするというもの。指名された人はカードを持っていれば、必ずあげなければなりません。



「○○さん、ハートのエース持ってますか?」 「はい、持っています。どうぞ。」 「ありがとう。」

名前を呼ぶ→お願いする→お礼を言う、というのもルール。

初めての子どもともゲーム感覚で名前を覚えられ、楽しくコミュニケーションがとれます。スタッフも参加しましたが、これは意外と心理戦でもあり、面白くて子どもと一緒に盛り上がりました。自己紹介とゲームを通して、初めての利用でも「楽しかった!」という感想が聞かれました。

「楽しい!また来たい!」を大切に、そしてその中に、自分を知り、相手を知る、コミュニケーションを織り交ぜながら、人と関わる楽しさを重ねてもらいたいと思います。

堺市にある放課後等デイサービスと・らいずみーとでは、 知的障がいや発達障がい、その他発達特性から人間関係でつまづくことが多い子ども達の、一人一人の成長を促す支援を行っています。主にSST(ソーシャルスキルトレーニング)の手法を使って、社会の中で生きていくために必要なスキルを習得する練習を行っています。 随時見学、体験利用を行っております。ぜひご参加ください!

≪9月の体験会(小学生クラス)≫
8日(土)13:00-14:30
12日(水)15:00-16:30

 

体験会のお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

1 63 64 65 66 67 149
採用情報 ページの先頭までスクロール