み・らいず2

理念


VISION

み・らいず2がめざすのは、
だれもが、自分らしく地域で暮らせる社会。

関わる全ての人たちが夢や目標を描いてチャレンジを重ね、自らの役割や居場所を見つけ、助け合いながら、笑顔になれる社会をめざします。

MISSION

み・らいず2の使命は、支援を必要としている人に
支援を届け、必要な支援をつくり続けていくこと。

声にならない声に耳をかたむけ、これが最善かを常に問いながら、利用者やそのご家族、関わる人たちと力を合わせて真摯に福祉に向き合い、新たな福祉を創造していきます。

ACTION

1. み・らいず2のサービス

み・らいず2では、誰もが自分らしく地域で暮らせる社会をめざし、人と人とが一緒に暮らしていくために必要な支援を、6つの事業で行っています。 育む事業で安心や信頼を得て、学ぶ事業で好奇心を持ち自信をつけ、遊び、 働きながら暮らしていく、そんなみらいを一緒に描き続けます。

2. 実践研究所

「み・らいずの実践研究所」は、ビジョンを共有しあえる方々と、
組織や領域を越えた対話と協働を重ね、これからの福祉をつくりあげていく創発の場です。実践活動である「み・らいず2のサービス」と両輪で、
だれもが自分らしく地域で暮らせる社会を実現していきます。

行動指針


1.基本の「き」

掃除・挨拶を行い、身だしなみを整えます。

2.基本の「ほ」

思いやりとおもてなしを大切にします。

3.基本の「ん」

当たり前のことに真摯に取り組みます。

4.準備する

想像力をはたらかせ、準備万端で現場に臨みます。

5.勇気をもつ

勇気をもって決断し、行動します。

6.最高のチームをつくる

信頼しあい、切磋琢磨できるチームをつくります。

7.声なき声を聴く

最善を求め、声なき声に耳をかたむけます。

8.感謝する

常に感謝の心をもち、その思いを届けます。

代表メッセージ


一つの出会いがきっかけとなり、
大学時代の仲間たちとみ・らいずを立ち上げて、はや20年。
さまざまな方々と出会い、支えられるなかで、
仲間も増え、支援も広がり、今日まで走り続けてまいりました。
嬉しいことも、悔しいこともたくさんありましたが、
これまでの経験に、何ひとつムダなものはありませんでした。
これからも私たちは、誰もが笑顔になれる社会を目指し、
感謝を忘れず、声なき声に耳をかたむけていきます。
そして、これが最善なのか、自らに何ができるのかを問いながら、
真摯に福祉に向き合い、新たな福祉の創造にチャレンジしてまいります。
これからのみ・らいずに、ますますご期待ください。
友情パワーで、この世界をより良くしていきましょう。
へのつっぱりはいらんですよ。

み・らいず2 代表理事 

み・らいずからみ・らいず2へのストーリー


1998年、障がいのある男性とそのお母さんとの出会いをきっかけに、大学生のガイドヘルパーサークル「さぁ!来る(くる)家(け)」を立ち上げました。活動を通して出会った人たちをこれからも支えたいという想いで、2001年に「み・らいず」としてNPO法人化。誰もが地域であたりまえに暮らせる社会をつくるために、障がいのある人や、子ども・若者の支援をしてきました。これまでの活動を通して感じたのは、もっと早くに出会い支援を届けることができれば、その方が人生の選択肢をより多く持てるのではないかということす。2018年春、これからの世代とともに、だれもが地域で自分らしく暮らせる社会をつくっていくために、み・らいずのこれまでとこれからを見つめます。

団体概要



法人名

NPO法人み・らいず2

設立

2001年4月(同年10月認証)

代表理事

河内 崇典 (かわうち たかのり)

社員人数

51名

事業内容

障害児・者支援事業、子ども・若者支援事業、その他

財務指標

 活動計算書 貸借対照表 財産目録

法人本部

〒559-0015 大阪市住之江区南加賀屋4-4-19
TEL:050-5840-3113(法人本部)
E-mail:me-rise@me-rise.com


アクセス


 NPO法人み・らいず2 すみのえ事務所<本部>

所在地

〒559-0015
大阪市住之江区南加賀4-4-19

交通アクセス

地下鉄・ニュートラム「住之江公園駅」より南へ徒歩6分
南海電鉄「住之江駅」より南西へ徒歩20分

連絡先

TEL:050-5840-3113(法人本部)
E-mail:me-rise@me-rise.com

 なかもず事務所

所在地

〒591-8023
大阪府堺市北区中百舌鳥町2-104 なかもず駅前ビル402

交通アクセス

南海電鉄・泉北高速鉄道・地下鉄「中百舌駅」より徒歩1分

連絡先

TEL:050-5840-3115
E-mail:nakamozu@me-rise.com

 たかつき事務所

所在地

〒569-0804
高槻市紺屋町3-1-212 グリーンプラたかつき3号館2階

交通アクセス

JR高槻駅より徒歩2分

連絡先

TEL:050-5840-3116
E-mail:takatsuki@me-rise.com

 うめだ事務所「駅前ヒルズ」

所在地

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-3- 1 大阪駅前第1ビル 4階 1-106号室

交通アクセス

大阪市営地下鉄四つ橋線「西梅田駅」より徒歩1分
JR東西線「北新地駅」より徒歩1分
JR各線「大阪駅」より徒歩4分

み・らいずの歴史


1998
ガイドヘルパーサークル「さあ!来る家(け)」設立
2001
「特定非営利活動法人み・らいず」設立
障害のある人のガイドヘルパー派遣事業開始
家庭教師派遣事業「ラーンメイト」開始
イベント事業、相談事業、まちづくりの各事業を開始
2002
大阪市障害者(児)ホームヘルパー派遣事業「ヘルプセンターと・らいず」開始
2003
障害児・者の緊急対応システム事業「フリースペース」設置
(独立行政法人福祉医療機構/WAM助成事業)[〜2004]
大阪NPOセンター主催「NPOアワード」グランプリ受賞
知的障害者ガイドヘルパー・ホームヘルパー3級養成研修講座開始
2004
大阪市不登校通所事業「ほっとスペース事業」開始→2009年、現在の「サテライト」へ
障害のある人のアート活動事業「のーまらいず」が、社会起業家のための
ビジネスプランコンペ「edge」優秀賞受賞
ホームヘルパー2級養成研修講座開始
2006
子ども事業「みらキッズ」「MEC」開始 [〜2009]
「みらい塾」開始(大阪府助成事業)
「(株)と・らいず」設立 [〜2015]
「学生部」立ち上げ
障害者自立支援法施行・指定特定相談支援事業開始
2007
「ヘルプセンターと・らいず」で介護保険事業を開始
高齢者余暇支援「しょーらいず」開始
大阪市公募提案型委託事業 障害児を力強く育むやさしい地域づくり事業開始
[〜2008年3月]
2008
厚生労働省研究事業 早期就労体験事業を実施 [〜2011年3月]
大阪府堺市中百舌鳥に、「ヘルプセンターと・らいず なかもず」を設置
自立体験ルーム設置、自立体験事業開始
子どものまちづくりイベント「ミニすみのえ」実施
(NPO法人子ども盆栽、住之江区と協働)[〜2011]
2009
兵庫県西宮市に障害児・者の支援事業所「株式会社YEVIS」設立
(「NPO法人BrainHumanity」との共同出資)
居宅介護支援事業 「ケアプランセンター ゑえる」開始
全国若手福祉従事者ネットワークを設立
2010
東日本大震災の支援に「つないで支えるプロジェクト」の一員として参画
県外避難中の子どもたちの相談支援事業(公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン協働事業)開始
石巻の中高生の居場所事業「ほっとスペース」の運営(公益財団法人日本カフェ「  」(かぎかっこ)の運営(公益財団法人日本財団、株式会社フィリップ・モリス、NPO法人スマイルスタイル、NPO法人コトハナとの協働)[~2012年3月]
京都市に新たに「ヘルプセンターと・らいず からすま」を設置
2011
大阪市不登校通所事業「サテライト」事業開始
堺市子ども・若者総合相談窓口「堺市ユースサポートセンター」を堺市より受託
堺市子ども・若者協議会事務局を受託
就労移行支援事業 「ジョブステーション OneStep にしなり」開始
堺市中百舌鳥で児童デイサービス「とらいず・ふれんず」開始
2012
子ども・若者自立サポート事業(大阪府委託事業、「NPO法人淡路プラッツ」協働事業)[〜2015年3月]
企業共同型レイブル(ニート)自立化事業
(大阪府委託事業、「NPO法人スマイルスタイル」協働事業)[〜2013年3月]
若手福祉スタッフネットワークフォーラム開催(公益財団法人日本財団助成事業)
出稽古プログラム開始(公益財団法人日本財団助成事業)[〜2013年3月]
就労虎の穴サポート事業開始(公益財団法人日本財団助成事業)[〜2013年3月]
大阪市住之江区で放課後等デイサービス事業「 と・らいず みーと 」開始
2013
住吉区子ども若者育成支援事業(住吉区委託officeドーナツトーク協働事業)
開始[~2015年3月]
高校中退フォローアップ事業(大阪府青少年・地域安全室青少年課補助事業)
[〜2015年3月]
子ども・若者自立サポート事業(大阪府委託事業)
[〜2014]
大阪市保育ママ事業「保育ママすみのえ」開始 [〜2014年3月]
高槻市に新たに「ヘルプセンターと・らいずたかつき」を設置
子どもイベント「こどもまち」をNPO法人コトハナと協働で実施
(子どもゆめ基金助成事業)~2014年
2014
堺市ユースサポートセンター」に併設し、「堺市地域若者サポートステーション事業」(厚生労働省委託事業)開始
「移動式カフェ」による中退退学予防サポート「駄菓子屋パーラー」事業
(WAM助成)開始[~2015年3月]
広島土砂災害における災害支援事業(公益財団法人日本財団助成事業)
全国若手福祉従事者ネットワークを「一般社団法人FACE to FUKUSHI」に改称
堺市避難者支援事業の受託(堺市委託事業)[~2015年3月]
県外避難者等への情報支援事業の受託(復興庁委託事業)[~2015年3月]
ひきこもり支援等の学生ボランティア養成「ボランティア派遣事業」
(大阪府青少年・地域安全室青少年課委託事業)[~2017年3月]
2015
堺市学習と居場所づくり支援事業「Litto」受託
高校内プラットフォーム化事業(大阪府青少年・地域安全室青少年課補助事業)
[~2016年3月]
いじめ対策等生徒指導推進事業『調査研究事業』(文部科学省委託事業)
※冊子のタイトルを書く
保育ルーム事業(大阪市地域型保育事業)[~2016年3月]
常総市の水害における災害時の福祉的な支援ネットワーク形成事業
(一般財団法人ダイバーシティ研究所委託事業)
災害派遣福祉チームの立ち上げに向けた体系づくり
(公益財団法人日本財団助成事業)
チャイルドケモハウスへの派遣
(小児がんはじめ難病の子供たちの学校復帰や自立を支援する学習支援事業)
ヘルプセンターからすま・たかつき合併v 社会イノベーター公志園出場
事業部を再編成、遊ぶ・暮らす・描く・育む・学ぶ・働くへ
2016
堺市子ども食堂モデル事業(堺市委託事業NPO法人SEINとの協働)
堺市北区子どもの居場所づくりモデル事業 [〜2017年1月]
堺市と関西大学との地域連携事業『堺ものづくり伝承・しごと体験事業(DECCHプロジェクト)』 [〜2018年3月]
児童発達支援事業「と・らいず みーと」開始
熊本地震における在宅避難者を中心とした災害弱者支援
赤い羽根「災害ボランティア・NPOサポート募金・九州」サロン立ち上げと運営等の支援による地域での支え合いサポート事業 [〜2017年3月]
災害発生時の福祉的支援に向けた体制の整備
み・らいず社内起業プロジェクト開始
関西の子ども支援を行うNPOと「一般社団法人Collective for children」設立
2017
課題早期発見フォローアップ事業開始(大阪府教育委員会委託事業)
就労移行支援事業「ジョブステーションOneStep なかもず」開始
梅田にNPO法人edge、一般社団法人FACE to FUKUSHI、NPO法人み・らいずの
シェアオフィス「うめだ事務所」設置
医療的ケアが必要な子どものイベントと保護者向け、支援者向け研修会(公益財団法人ベネッセ子ども基金助成事業)
2018
「み・らいず」から「み・らいず2」へ

ページの先頭までスクロール