み・らいず2

学生の方へ


「人からどう見られるか」「安定しなくちゃ」など、今までつくられてきた価値観に縛られていませんか。
「人の役に立つことがあたりまえ」「ボランティアやったことないの!?なんで?」という
ムーブメントが起こったら、社会は変わると思いませんか。
個性を認め、支え合う社会を目指して......福祉を学ぶあなた、福祉以外の分野を学ぶあなたも、
み・らいず2で第1歩を踏み出してください。

3つの活動パターン


短期ボランティア

1日体験

「何かやってみたい」という方、「興味はあるけどちょっと不安」という方のための、「ちょこっとボランティア」。普段できない体験を、イベントを通して一緒に楽しみます。子どもの「学び」に関わる取り組みやリアルを知る見学ツアーも行っています。

中期・長期ボランティア

アルバイト
無償・有償ボランティア

資格講座や研修を受講して継続的に支援・活動に関わり経験を積みたいという方、勉強になるアルバイトがしたいという方に。

  • 障がいがある方のガイドヘルパー
  • 不登校・発達障がい児の学習支援
  • 子どもの発達支援・若者の就労支援

 活動の詳細はこちら
まずは説明会・資格講座へ

インターン

アルバイト
無償・有償ボランティア

現場で支援の経験も積みながら、組織運営/企画・広報にチャレンジしたい方。

  • イベント、研修会の企画・運営
  • メディアでの発信、学生への発信
  • 関係団体や他NPOとの活動など
  • その他やってみたいこと

まずは説明会へ

まずは参加することから「やってみよう」!


まずは「ボランティア説明会」や「1DAY体験ツアー」に参加してみて話をきいてみよう!
説明会でスタッフや先輩の学生がなんでも教えてくれます。
一緒に参加したほかの大学の人とも知り合いになれて、安心して活動に参加できます。

ボランティア説明会

み・らいず2の若手スタッフや活動している先輩が、み・らいずでの活動についてや福祉のことなどをご説明します。
興味があることや、将来にむけて学んでみたいこともぜひ話してみてください!それぞれにあったボランティアのチャンスをお伝えします!

point 「なにかやってみたい」という方はここから!

ガイドヘルパー講座

資格もとってみよう!と思った方はこちら。毎回たくさんの大学生が受講しています。福祉の制度や発達障がいなどについて理解し、ガイドヘルパーの業務の実際を学びます。実習も先輩のヘルパーさんと一緒に行くので安心。たった3日で将来も役立つ資格が取得できます。

point 3日間1000円でとれる資格講座

1DAYボランティア

障がいのある人と一緒にお花見や潮干狩り、釣り大会などのイベントや、ハイキング、食べ歩き、小旅行などの外出、地域のお祭りでの屋台出店など、1日限りのボランティアです。いつもの自分の外出とはまた違った楽しみが見つかるかもしれません!

point 普段できない体験を一緒に楽しむ

子どもの支援見学ツアー

「勉強うまく教えられるかな?」「ソーシャルスキルトレーニングなんて初めて聞いた!」という方も安心。子どもたちが実際に学んでいる現場を見て学ぶことができます。スタッフからの説明と先輩の活動風景の見学、終わった後は質問もできるので、実際の活動が良くわかります。

point 子ども学びに関わる取り組みの「リアル」を知る

子ども・若者支援講座

「やってみよう!」と思えたら、活動に必要なことをまず学びます。まずは子どもたちにかかわるのに必要なマナーや、子どもたちの背景、特性や不登校についての理解、コミュニケーションの方法などをワークショップやロールプレイなども交えてわかりやすく学びます。

point 背景から関わり方までを学ぶ、実践的な支援講座
学生ブログをみる  ボランティアサイトをみる 

学生インタビュー


関西福祉科学大学 社会福祉学部 社会福祉学科 2回生
活動内容:ガイドヘルパー

北舎 凜夏 さん


ヘルパーとして利用者さんの安全を支援することはもちろん、外出を楽しんでもらえるように私も一緒に楽しむことを心がけて活動しています。ヘルパーを始めるまではインドア派で、休日もあまり外出しない生活だったのですが、利用者さんと遠出したり行ったことのない場所へ出かけたりと、今までしたことない経験をすることができて日々充実しています!研修会などを通してヘルパー同士関わる機会も多く、他大学の学生さんとの交友関係も広がっていると感じています。

関西大学 人間健康学部 1回生
活動内容:ガイドヘルパー

高原 沙江 さん


ガイドヘルパーをすると決めた当初は、自分が出来るのかと不安でしたが、今では利用者さんとの外出がとても楽しみになりました。利用者さんと外出させていただく中で、安全かつ安心なサポートができるよう、様々な事に気を配れるようになりました。み・らいず2での活動を通して、私自身の視野も拡がったと感じています。そんなみ・らいず2のガイドヘルパーの活動に出会う事ができて、本当に良かったです。

大阪大谷大学 人間社会学部人間社会学科 社会福祉コース 2回生
活動内容:ガイドヘルパー、ラーンメイト

目木 岳 さん


み・らいず2で活動して身についたことは、様々なコミュニケーションの取り方です。最初はうまくできるか不安でしたが、ガイドヘルパーやラーンメイトと活動をしていく中で、利用者さんとの出会いも多くなり、子どもさんからや大人の方まで様々な方とコミュニケーションをとることが出来ました。また、利用者さんが苦手なことなどに取り組み、そして出来たときに喜ぶ姿をみると、自分も嬉しくなります。色んな方の喜ぶ姿を近くで感じることができるみ・らいず2で活動することができ、とても良かったです。

大阪府立大学 地域保健学域3回生
活動内容:放課後等デイサービス、ラーンメイト、ガイドヘルパー

川村 真菜美 さん


私が活動をする中で好きな瞬間は、目の前の利用者さんと同じものを見たり同じことを感じたりして一緒に笑いあえるときです。同じ楽しみや喜びを共有できることがとても嬉しいです。また活動を通して、自分のかかわり方を工夫することで、利用者さんが過ごしやすくなったり、できることが増えたりすることもあると分かりました。利用者さんにどのように関わっていけばよいのか考えることは難しいですが、やりがいがあり自分の学びにもなっている部分だと思っています。

近畿大学 総合社会学部 総合社会学科 4年生
活動内容:ラーンメイト

服部 光希 さん


私は大学1年の夏から4年生まで活動をさせてもらいました。”障がいがある子ども”と言っても、一人一人悩みやつまずいている原因が違い、何人も子どもたちを見てきましたが、全く同じ授業を他の生徒さんでしたことはありませんでした。次はどうしよう?どうすれば楽しく学べるかな?と考え、準備する時間はとてもワクワクしました。一人一人違うからこそ目の前の子どもと向き合わなければならないし、毎回私自身にも気づきや発見があり、生徒さんと一緒に成長できていると実感できる瞬間がとても楽しかったです。

大阪市立大学 生活科学部 人間福祉学科 3回生
活動内容:ガイドヘルパー、課題早期発見フォローアップ事業

片岡 歩美 さん


み・らいずでの一番の学びは、誰かのために、と純粋に考える姿勢です。私はいつも自分中心に物事を考えてしまいますが、スタッフさんは皆、目の前の人が幸せであることが、自分の幸せでもある、と考えておられます。その姿は私のロールモデルです。もう一つは、悩みを、仲間やスタッフさんに分かち合うことの大切さです。自分一人で考えると、独りよがりな結論に至ったり、考えがまとまらなくなってしまいます。私の未熟なところを指摘してくれたり、一緒に考えてくれる周囲の人の存在は、成長の支えになっています。

関西大学 人間健康学部 人間健康学科 3回生
活動内容:堺市学習と居場所づくり支援事業、ラーンメイト、ガイドヘルパー

辻 孝汰 さん


単純に活動するのは楽しいです。りっとやラーンメイトでは、日を重ねるごとに信頼関係?ができてきて、色んな話をすることが楽しみになっています。自分が活動しているのが月火と土日で、週のはじめに子どもたちから元気をもらっています。ガイドヘルパーでは、自分が知らないものの見方や楽しみ方を利用者さんから教えてもらったり、知らないところに連れていってもらってます(笑)。一緒に外出する時、友人に近い接し方を意識していて、「辻さんとここに行きたい」と言われると、利用者さんに一歩近づけたかなって思います。自分の方がお出かけを楽しんでる気がします。

龍谷大学 社会学部 現代福祉学科 1回生
活動内容:ガイドヘルパー

山條 宗良 さん


僕は「障がい者と自分は違う」そんな偏見を持っていました。しかし、彼らと出会い、一緒に遊んでいると、それぞれが持っている凄さ、良さ、面白さを発見することができました。尊敬できるところも、羨ましく思うところもあります。僕は「彼らは自分と変わらない」ということを学びました。僕は介助者としてではなく、ひとりの友達として彼らに接しています。だから、笑い合ったり、一緒に挑戦したり、たくさんの思い出を作っています。彼らと出会えたことで僕の中の輪は広がり、人として大きく成長させてくれています。

ページの先頭までスクロール