み・らいず2

み・らいず2ブログ

2018年度第3回目となる、フクシドリンクスを9月15日(土)18時30分〜開催いたします!
フクシドリンクスとは、ゲストを招いて、20〜30代の若者で、福祉の話を聞きながら交流するイベントです。

今回のテーマは、「児童養護施設での支援の実態 ~出会いからアフターケアまで~」。
ゲストは、京都大和の家の幸野 通浩さんです。

今回は、幸野さんに児童養護施設での支援について、子どもたちとの出会いからアフターケアまでをお話していただき、児童養護施設での子どものことについてゆるく情報交換をしようと思います。

フクシドリンクスには福祉施設職員、教員、保育士など「福祉」や「子ども」に関心のある人たちが集まっています!どんな家に生まれても、子どもが前向きに生きていけるために子どもを取り巻く大人たちにできることはなにか、一緒に考えましょう。

ぜひ、お越しくださいませ。

<<ゲスト紹介>>
幸野 通浩(こうの みちひろ)/京都大和の家 児童指導員


1980年大阪生まれ。大学生の4年間は乳児院でボランティアをする。大学卒業後、大阪府内の児童養護施設に児童指導員として就職し、14年間勤める。その間、家庭支援専門相談員、里親支援専門相談員、個別対応職員、同法人の児童家庭支援センター職員等を経験する。 現在は児童養護施設京都大和の家にてユニットリーダーとして勤務する。大学生のボランティアから20年以上、社会的養護に携わっている。



<<聞き手>>
松浦 宏樹(まつうら ひろき)/NPO法人み・らいず2 実践研究所副所長


大阪府立大学社会福祉学部卒業後、み・らいずに新卒で入社。描く・育む・学ぶ・働く・暮らす・ 遊ぶの全6事業部に横断的に携わるなかで、障がいの有無を問わず、誰もが社会で孤立することなく生きていくために必要なものは何かを問うに至る。新たな制度・サービスづくりを含めた社会の仕組みづくりを関心テーマとする。堺市地域福祉計画懇話会委員、大阪府青少年健全育成審議会委員、大阪社会福祉士会大阪南支部事務局長など、多数の公務を兼任。社会福祉士、キャリアコンサルタント。


フクシドリンクスvol.3児童養護施設での支援の実態
~出会いからアフターケアまで~


日時:2018年9月15日(土)18時半〜20時半
場所:NPO法人み・らいず2 梅田事務所(大阪市北区梅田1-3-1-4F-106 レーベル株式会社内)
アクセス:
地下鉄「西梅田駅」南改札口より徒歩1分
JR東西線「北新地駅」西改札口より徒歩1分
JR各線「大阪駅」桜橋口より徒歩4分
対象:今回のテーマに関心のある20〜30代の方ならどなたでも
参加費:2,000円(食事、飲み物付き)
タイムテーブル
18:15|開場
18:30|ゲストトーク
19:30|歓談タイム(食事や飲み物を食べながらゲストも交えて交流しましょう!)
20:30|終了
申込方法:下記のページから、お申し込みください。
フクシドリンクス参加お申込みはこちら

ご参加お待ちしています!
1 2 3 12
ページの先頭までスクロール