み・らいず2

研究ノート

実践研究所、誕生!
1998年のサークル活動から20年が経ち、み・らいず2がスタートするタイミングで「み・らい
ずの実践研究所」が誕生しました。
これまでの活動のなかで「どうしたらいいのだろうか」「こんなことができないだろうか」と
壁にぶつかることも多く、いろんな方にアドバイスいただきながら歩んできました。
より良い福祉の実践のために、この実践研究所で目指していきたい方向を3つあげておきます。

1)支援の現場をより良くしていく場であること
2)専門領域の知識と知恵をもち寄る場であること
3)新しい価値やアイデアを生み出す場であること

これから、どうぞよろしくお願いします。

2018211
み・らいずの実践研究所 所長 野田満由美

1 2 3
採用情報 ページの先頭までスクロール