子ども・若者支援事業|ラーンメイト

ラーンメイト専用のホームページができました!!

ラーンメイト専用のホームページを作成しました。
ホームページはこちら↓↓
ラーンメイト

発達障害・不登校児学習支援事業

発達障害やコミュニケーションが苦手なお子様、学校に行きづらいお子様への
個別の学習支援(家庭教師派遣及び塾)です。大阪府大阪市、大阪府堺市を中心におこなっています。

学習を通して「できる」という自信や「わかる」ことの喜びを感じてほしい。
そのような体験が子どもたちの自尊心を高め、生きる力と可能性を育みます。

個別の学習と並行し、協調性やコミュニケーション能力の向上を目指して、集団での宿泊体験や野外活動のイベントもおこなっております。

ラーンメイトの『3つの土台』『5つのメニュー』

み・らいずは、発達障害を抱える子どもたちやコミュニケーションが苦手な子どもたち、学校に行きづらい子どもたちの生きる力と可能性を育むためには「自尊心」「計画性」「将来性」が大切だと考えています。
「3つの土台」にもとづき、「5色のメニュー」で、お子様の状況に合わせた個別プログラムを組み立て、実施していきます。

「自身をつける」自信がないまま勉強しても身につきません。/「学習する習慣」計画的に学習する習慣が必要です。/「勉強だけではダメ」勉強だけでなく、将来、生きていく力が必要です。 5色のメニューで組み立てる個別プログラム:お子様の状況に合わせ、必要なメニューを組み立て、個別のプログラムを実施していきます。

ラーンメイトの特徴

(1)個人プログラム

お子様の得意・不得意は個々によって違います。
お子様の状況に合わせて個別プログラムを実施します。

(2)面談 → 計画 → 振り返り

スタッフが、お子様の状況などを保護者様から聞き取りをさせていただき、個別プログラムを組み立てます。定期的にプログラムチェックや修正を行い、お子様の状況にも合わせて実施します。

(3)時間を選べる

個別対応なので、ご希望の時間を選べます。
※集団クラスは時間・場所が決まっております。

(4)場所を選べる

通塾 or 自宅(家庭教師派遣)での学習スタイルが選べます。 通塾は、お子様が大阪府大阪市住之江、大阪府堺市中百舌鳥の塾に通うスタイル。自宅学習は講師(家庭教師)を自宅に派遣するスタイル。どちらも個別対応です。

(5)サポート体制

お子様・保護者/講師/事務局

●講師
現役大学生の講師がマンツーマンで学習をサポート。子どもが安心して自分ペースで学習を進めることができます。講師の採用については、学力はもちろん、人間性ややる気、子どもと関わる姿勢を踏まえて面接を実施しています。
*講師陣在籍大学 … 大阪市立大学、
大阪府立大学、大阪教育大学、京都大学 など

●事務局
受付や初回面談、日々のご相談をお受けします。講師に直接言いにくいご希望やご不満なども承ります。また、学習プランの軌道修正や講師への日常的アドバイスや指導をおこないます。
さらに、お子様への支援をよりよいものにするため、講師は勉強会※や宿泊研修を通してレベルアップを図ります。

【勉強会】 → 隔月 / 【宿泊研修】 → 9月・2月/ 年2回
*勉強会・宿泊研修内容 … 特別支援教育、発達障害、不登校、ソーシャルスキルトレーニング など

●専門家によるバックアップ
みらい塾・ラーンメイト全体の支援内容や、運営についての監査、指導を行います。 また、発達障害の専門家によるバックアップもあり、安心です。
日々の学習支援の助言をおこなったり、 勉強会にて講師を研修したりします。
*構成員……特別支援教育士、臨床心理士、大学教授、社会福祉士 など

よくあるご質問

Q現在の派遣地域はどこですか?
A

大阪府大阪市、大阪府堺市を中心に派遣しています。
その地域以外の場合でも、一度ご相談ください。

Qどんな子どもが来ているのですか?
A

小学生~高校生です。集団学習が苦手なお子様、
学習のペースがゆっくりなお子様などです。

Q親の話はきいてもらえるのですか?
A

定期的(半年に1回程度)に、プログラムの振り返りをおこないます。
それ以外でも、気になることがございましたら、いつでもご連絡ください。

Q塾と自宅学習(家庭教師派遣)はどっちがいいのですか?
A

塾は自宅と環境が違い、メリハリがつくなど、SSTがしやすいです。
自宅学習(家庭教師派遣)はゆっくり取り組みやすいです。
面談で話し合いながら、決めていくことをおすすめします。

Q他の塾とはどこが違うのですか?
A

学年に関係なく、お子様の状況に合わせた学習をおこなうところです。また、学科学習だけでなく、自尊心を高めるためのメンタルサポートや社会性をつけるためのプログラムもおこなっています。

Q勉強嫌いでも大丈夫ですか?
A

お子様との信頼関係を築いた上で、興味のもてそうなことから取り組むなど、お子様のペースに合わせていきます。ご安心下さい。

Q教材はどうしたらいいですか?
A

必ずご購入していただくような教材はございません。プログラムに合わせて、一般教材を購入していただいたり、講師の手作り教材を使ったりしています。

Q子どもが毎週通うことが難しい場合はどうしたらいいですか?
A

基本的に月4回でお月謝を請求させていただいています。別の日に振替えするか、FAX等を使っての通信学習で対応させていただきます。

お問い合わせ

現在、お子様のことでお悩みの方、まずはお電話 050-5840-3117 または
下記のボタンからお問い合わせください。(みらい塾・ラーンメイトのホームページにジャンプします。)

お問合せはこちら

発達障害とは…

発達障害者支援法の定義によると、「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの、とされている。

発達障害の代表的なものとして、知的障害、広汎性発達障害(自閉症)、高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害などがある。 



ページの先頭へ