み・らいず2

み・らいず2ブログ

堺市北区にある未就学児・小中高生向け療育。少人数クラス制。 大阪メトロなかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩2分。 児童発達支援では、発達がゆっくりな子どもたちに、小学校に楽しく通うための療育を行っています。 放課後等デイサービスでは、発達障がいの子どもたちに、SSTを通して社会性を身につけるサポートをしています。

み・らいずスクールのウェブサイトはこちら



児童発達支援み・らいずスクールの乕田です。
10月に入り朝晩はかなり過ごしやすくなりましたね。
運動会や遠足など行事が多い季節なので、体調管理に気を付けたいですね。

10月1日にと・らいずみーとは、「み・らいずスクール」にリニューアルオープンしました。
みなさまのご協力もあり、時間変更や曜日変更後も混乱なくプログラムを行うことができています。ありがとうございます!

さて、10月からプログラム変更を行い、後半の遊びの時間は「みんなで遊ぶこと」に取り組んでいます。
小学校に入った時に、休み時間をどう過ごすかを意識したプログラムです。

どんな様子か、少しご紹介したいと思います。

みんなでお絵描きしよう

初めて療育を行う子供や一人ひとりのペースで進めたいお子さん向けの「ぴかぴかクラス」では、一枚の大きな画用紙にみんなで絵を描いていきます。
ルールは特にありません。好きな色のペンを受け取り、自由に描いていきます。
ぐるぐるぐるとダイナミックに大きな円を描く子、円でかわいらしい顔を描く子、線路に見立てた線の上にシールを貼って「でんしゃ!」と言う子。

みんな夢中で描いていて、あっという間に時間が過ぎていきました。

今までも1人ひとりでお絵描きをすることはありましたが、今回はみんなで一つの作品を作る感覚です。ほかの子がしていることを「自分もする」とやってみたり、同じように描いてみたり、まわりの子どもたちのすることもよく見えていました。

大作ができたことを、お迎えに来たお母さんに嬉しそうに報告していました。

輪になってトランプ

個別の取り組みから集団活動に移行していくお子さん向けの「きらきらクラス」では、トランプ遊びにも挑戦してみました。
今回は、ババ抜きと同じジョーカーを使わないバージョンです。
最初は誰からカードを取ったらいいのか分からなくて固まっていた子も、声かけや数回やり取りするとスムーズにカードを取れるようになりました。

数字合わせなので、とったカードを自分の持ち札と合わせて出します。
同じ数字のトランプがあるか、よく見て合わせることができていました。

最後は二枚ずつ残ったカードを二人で取り合って気持ちよく終了することができました。

一緒に遊ぶ楽しさを知る

少しずつ、子ども同士の関りも見られるようになってきました。
「お友達と一緒に遊ぶと楽しい」ということを体感してもらえたらと思います。

み・らいずスクール 児童発達支援では、無料体験会を行っております。下のボタンより申込を受け付けています。

無料体験会のお申込みはこちら

お問い合せはこちら

み・らいずスクール(児童発達支援/放課後等デイサービス)
〒 591-8023 堺市北区中百舌鳥町2‐104 なかもず駅前ビル501・502
TEL:050‐5840‐3110
Email:school@me-rise.com

採用情報 ページの先頭までスクロール