み・らいず2

み・らいず2ブログ

【2020新卒採用会社説明会】
日時:3月24日(日)14:00~16:00
場所:グランフロント大阪 北館タワーC8階 C05

申し込みはこちら

み・らいず2の2020年新卒採用プロジェクト、職員インタビュー第一回目は東多恵子さんです。


[東多恵子さん]

2012年、ネットの検索でみ・らいずの就職説明会を知り、ピンとくるものがあったという東さん。当時在籍していた大学院のある鹿児島県から、夜行バスで来阪、その足で会場までやってきました。どうしてもここで働きたい!という熱意が感じられた、と当時の採用スタッフは話します。
み・らいず2初の臨床心理士として入職し、これまでガイドヘルパー、放課後等デイサービスなどに従事しました。
誰に対しても友好的で、積極性はピカイチな東さん。社内外のコミュニケーションも自ら進んで行う、頼もしいスタッフです。

現在の仕事を教えてください。


[高校内に生徒の居場所をつくる事業にて]

現在は、大きく二つの事業部に従事をしています。一つは、臨床心理士の資格を活かして子どもたちと向き合う仕事です。高校内に生徒の居場所をつくる事業、小中学生の学校外居場所事業、学習と居場所づくり支援事業などがあります。

もう一つは、本部スタッフとして、学生が社会に参画する橋渡し役として学生広報プロジェクトを行っています。関西にある多くの大学を訪問し、授業内でみ・らいず2の活動を事例として話をさせてもらっています。
み・らいず2のサービスを利用している方は、多くが20代までの若者です。ボランティアやヘルパー、学習支援者など、年齢が近い友達のような、または身近なお兄さん、お姉さんとして、学生だからこそ役割を果たせる社会参画の方法もある、ということを実感してもらえたらなと考えています。

み・らいず2が力を入れている「予防支援」の一環で、社会的に効果を測定する段階である小さな規模のプロジェクトが複数あります。私もいくつかのプロジェクトにかかわっているのですが、予算や規模の都合でスタッフが自分だけというものもあります。その日にあった出来事を、他のスタッフと共有できないのが少し寂しくて・・・・・・。
ほかの事業部のスタッフが、その日のエピソードを話していたり、アドバイスをし合ったりしているのを聞くと、私ももっといろんなスタッフや学生を巻き込んで、実のあるプロジェクトにしたい!と強く思います。現場はこんなに面白いしやりがいがあることを、若い人にもっと知ってもらいたい!

最近、仕事でうれしかったこと、やりがいを感じたことは何ですか

み・らいず2以外の人に、「み・らいす2ならどうしますか?」と相談されたことです。
ある相談員さんから、子どものいる家庭の状況について「み・らいずやったらどうしますか?」と相談がありました。
相談員はそれぞれ担当制とのことで、お金や進学などの課題を一人で抱えてしまうようです。み・らいず2とも共同事業を行っていて、実際にみ・らいず2がかかわってケースが動くという体感を持ってくださったようです。

み・らいず2だけでは解決できなくても、他の社会資源と組み合わせて利用者をよい環境に持っていくことができる。他の組織の人から、み・らいず2とつながればなんとかなるかも?と思ってもらえたことはうれしかったし、法人内でも、法人の外でも仲間を増やす努力をしていくことが必要だと実感しました。

就活生へメッセージをお願いします

正直、なかなか解決に向かわない課題もたくさんあります。そこに情熱をもって、取り組めるかどうか。支援者の本気を見せることが、解決につながると信じています。
まずは説明会に来てください。代表の話や、み・らいず2が目指す社会や方向、感じている課題を聞いて、心動かせられるものがあれば、ぜひエントリーを!

最後に

み・らいず2 2020年度新卒採用をスタートします!

山田さんとは、一緒に仕事をする機会はありましたが、木之本さんとはほとんど接点がありませんでした。
採用を通して2人と一緒に仕事ができることをうれしく思っています。3人の個性をどう出していくか、アピールしていくかを考えて取り組んでいけたらと思っています。

採用情報 ページの先頭までスクロール