み・らいず2

み・らいず2ブログ

こんにちは、発達障がい・不登校など学びづらさを抱える小学生・中学生・高校生のための個別学習塾 「ラーンメイト」主任の津田です。

夏休みはイベント盛りだくさんでしたが、改めて少しづつ報告していきたいと思います。8月16〜17日に、ラーンメイトとみーと合同での夏の大イベント、キャンプで神戸市立自然の家に行ってきました!

今回のキャンプは前年度に引き続き、関西大学の安田先生にもご指導いただきながら『フルバリュー』という、お互いを認め合って、お互いの価値観を大事にする考えをもとに行いました。

今年度はキャンプの前にお互いをまずは知るところから。8月5日に行なったデイキャンプで室内でのアクティビティを行い、子どもたち同士や学生サポーターも一緒に楽しく打ち解けることができた1日となりました。

キャンプ1日目!指令ありのバレーボール

キャンプ当日、1日目は幸い雨の予報がそこまでひどくはならなかったものの、霧がかっており、室内でのプログラムに切り替えて行いました。施設までの移動は、バスやケーブルを乗り継いで行き、霧がかった景色も普段体験できない不思議な感覚だったのではないかと思います。

もともと予定していた外での野外炊飯はできなかったものの、デイキャンプでお互いに仲良くなったこともあったからか、前年度のキャンプよりもすぐに仲間意識を持ってみんなでプログラムに取り組めていたのが印象的でした。いろいろなプログラムを行なった中、子どもたちからはとくに「バレー」が好評だったようです。
①20回続けて
②全員1回はボールを触るように

という指令のもと、みんなで協力、声かけながら繋げるということに、一生懸命取り組んでおり、自由時間も自発的にみんなで行う姿が見られました!



キャンプ2日目!初めてのアーチェリー

2日目は、無事に晴れて外での活動ができました!初めてのアーチェリー体験で才能を発揮する子もいれば、なかなか苦戦した子もいましたが、みんなしっかりと指導・指示を聞きながら取り組むことができていました。



その後のアスレチック体験は、山に設置されたアスレチックスに挑戦しながら、頂上を目指しました。時間の制限もあり、頂上まで行けなかった子もいましたが、アクティブに身体を使いながらチャレンジする姿勢は、みんなとても素晴らしかったです。

2日間、学校や家族とは違う仲間や学生サポーターと一緒に過ごし、いろいろな場面で話し合い、考えてもらう機会がありました。自分たちで考え決定して、自発的に行動できたこと等とても良い体験がたくさんできたキャンプになったのではないかと思います。

子どもたちの学びの上で、楽しい集団での体験はとても大切なものだと思っています。楽しい→やってみようという経験を繰り返し、自分で選択して将来の道を切り開いていくこと。もっとたくさんの子どもたちにも届けていきたいと感じた2日間でした。

ラーンメイトでは、個別の学習支援だけでなく、イベントでの集団活動も取り入れながら、今後もいろいろな形で子どもたちの学びを応援していきたいと思います。

【お問い合わせ】
電話 :050-5840-3117
メール:learnmate@me-rise.com
WEB :http://www.learnmate.me
担当 :津田

採用情報 ページの先頭までスクロール