み・らいず2

み・らいず2ブログ

NPO法人み・らいず2では、7月10日から平成30年7月豪雨で被害を受けた愛媛県にスタッフを派遣し、被災した福祉事業者の状況確認やサービス利用者の安否確認状況などの先遣調査を行っています。

▶平成30年7月豪雨に係るNPO法人み・らいず2の対応について(第1報)

▶平成30年7月豪雨に係るNPO法人み・らいず2の対応について(第2報)

平成30年7月豪雨に係るNPO法人み・らいず2の対応について(第3報)

【7月14日(土)】
前日に引き続き「NPO法人歩」の「放課後等デイサービスあゆむ2」で書類の整理やデータ打ち込み等のお手伝いを行いました。

職員の方が、利用者の安否やニーズを確認されていたため、漏れなく確認し、追いかけられるようニーズ対応記録のフォーマットをつくり、記録をサポートしました。
送迎のための車3台や、冷房や冷蔵庫、電話機といった家電、パソコンや事務用品が水に浸かり、使用できないこと、壁や床、風呂やトイレも修繕が必要な状況で活動のために資金が必要な状況です。資金調達のため、クラウドファンディングのページの立ち上げをサポートしました。
近日中に公開予定です。ぜひご支援をお願いいたします。



【7月15日(日)】
引き続き、放課後等デイサービスの事業所で書類の整理やデータ打ち込み等のお手伝いを行いました。
水をかぶってしまったPCの修理やデータの復元についての問合せ等も行いました。
「NPO法人歩」が運営する「コミュニティカフェとことこ」にも訪問しました。
建物の被害はありませんでしたが、食材等の手配が難しく、しばらく休業ということを伺いました。

【7月16日(月)】
引き続き「NPO法人歩」の「放課後等デイサービスあゆむ2」で書類の整理やデータ打ち込み等のお手伝いを行いました。
また、「放課後等デイサービスあゆむ」開所日のため、支援員として現場にも入らせていただきました。大洲市では福祉避難所が開かれておらず、一般の避難所でしんどくなってしまったという利用者もいらっしゃったそうです。今後、長期化するに伴い、職員のみなさま、利用者家族の疲弊などさまざまな課題が発生が心配です。
施設の復旧・再建に向けて、資金の援助も急務です。

初期活動は16日で終了しましたが、今後も継続的に電話やメール、訪問等の支援活動を行っていきます。

採用情報 ページの先頭までスクロール