み・らいず2

み・らいず2ブログ

発達障がい、不登校など、学びづらさを抱えるお子様のための塾「ラーンメイト」では、大学生が講師として活躍しています。

講師の学習支援スキルをより向上させていくため、毎月、講師研修会を開催しています。
6月30日に行った研修会には16人の講師が参加し、感覚統合の視点と災害時の対応について学びました。



感覚統合の視点から、学習の土台づくりを考える

今回は「感覚統合」について学びました。
感覚(視覚、聴覚、触覚、前庭覚、固有覚)の刺激を学習の土台づくりに役立ていくことが目的です。研修では事例を紹介した後、感覚統合の視点を踏まえて、課題の導入の方法や学習時間、学習の合間にできることを実際に講師に考えてもらいました。

作業療法を学んでいる学生から事例を話してもらうことで、感覚がどういった行動につながっているのかというイメージが少しついたようです。 学習面そのものだけを見るのではなく、その土台となる感覚にも目を向けてアプローチすることで、子ども自身がより楽しみながら学び、意欲的に取り組むことにつながればと思っています。

普段考えることがあまりない視点でしたが、「難しい」と言いながらもよく考えていました。感覚統合が学習面につながっていることを知って、新たな発見があったようです。

災害時の対応について

災害が起きたときにどう対応するかの確認をしました。
すみのえ、なかもず、たかつきの各拠点ごとに分かれて検討したあとに、対応時のポイントや手順の確認を行いました。

災害が起きたときにまずは講師自身が落ち着いて安全に行動できるようにイメージできること、こちらから伝えておくだけでなく、講師自身が考えることで実際に行動するイメージをつけてもらえたらと思っています!



ラーンメイト体験会について———————————-
7月限定の無料体験会を開催しています!
「勉強のしかたを身につけたい」
「できた!と自信が持てる経験をしてほしい」

・・・など、少しでも関心をお持ちいただけたらぜひご相談ください。

ラーンメイト無料体験会
ラーンメイトwebサイト



お知らせ———————————-
▼み・らいず2のInstagramアカウント
 @me_rise2

▼今からでも走れる!大阪マラソンのチャリティランナー募集中!
大阪マラソンチャリティランナー申込み
落選したけど、大阪マラソンを走りたい!という方も、必ず大阪マラソンが走れます!

採用情報 ページの先頭までスクロール