み・らいず2

み・らいず2ブログ

フクシドリンクス「子どもと取り組むまちづくり〜子ども福祉委員の夢かなえ隊の実践〜」を開催します!

2018年もフクシドリンクス開催いたします!
フクシドリンクスとは、ゲストを招いて、20〜30代の若者で、福祉の話を聞きながら交流するイベントで、昨年は3回開催しました。



▼フクシドリンクスの様子はこちら

  • 「子どもの貧困と学びや育ちを考える1~一人親家庭の子どものこと~」
  • 「子どもの貧困と学びや育ちを考える2~高校中退の子どものこと~」
  • 「子どもの貧困と学びや育ちを考える3~貧困家庭の子どものこと~」

  • 2018年第1回目は、5月19日(土)18時半〜20時半に行います。
    今回のテーマは、「子どもと取り組むまちづくり~子ども福祉委員の夢かなえ隊の実践~」。
    阪南市社会福祉協議会の猪俣健一さんに、ゲストとしてお越しいただきます。

    フクシドリンクスには、福祉施設職員、教員、保育士、などなど、
    「福祉」や「子ども」に関する取り組みに関心のある人たちが集まっています。

    今回は阪南市で実践している「子ども福祉委員」の取り組みついてお話しをお聞きしながら、
    子どもと取り組むまちづくりについて、ゆるく情報交換を行えたらと思います。

    どんな家に生まれても、子どもが前向きに生きていけるために
    子どもを取り巻く大人たちにできることはなにか、一緒に考えましょう。

    フクシドリンクス 「子どもと取り組むまちづくり~子ども福祉委員の夢かなえ隊の実践~」

    《ゲスト》
    猪俣 健一(いのまた けんいち)/阪南市社会福祉協議会 事務局次長 共生のまちづくり推進員
    1982年山口県生まれ。大阪府立大学で福祉を学びながら、ボランティアがつながる場の必要性を感じ、大学の枠を超えたネットワーク型の学生ボランティアグループを設立。そんな活動を仕事にしたい、と2004年阪南市社協に入職。社協では学生ボランティア、災害、買い物支援、福祉学習、コミュニティソーシャルワーク、子ども福祉委員、など幅広く地域福祉事業を推進しているが、すべては切実なたったひとりの声、ひたむきな何かしたいという市民の声に寄り添い、
    「想いをカタチに」するところから始まっている。

    《聞き手》
    松浦 宏樹(まつうら ひろき)/NPO法人み・らいず2 理事

    《イベント詳細》
    日時:2018年5月19日(土)18:30〜20:30
    場所:NPO法人み・らいず梅田事務所(大阪市北区梅田1-3-1-4F-106 レーベル株式会社内)
    参加対象者:今回のテーマに関心のある20〜30代の方ならどなたでも
    参加費:2,000円(食事、飲み物付き)
    タイムテーブル:
    18:15|開場
    18:30|ゲストトーク
    19:30|歓談タイム(食事や飲み物を食べながらゲストも交えて交流しましょう!)
    20:30|終了

    《申込方法》
    こちら(こくちーず)から、お申し込みください。


    ご参加お待ちしています。

    ページの先頭までスクロール